桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Oナローお立ち台の製作<その11>

<<   作成日時 : 2015/02/01 18:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 21:04東京発の北陸新幹線「かがやき」519号に乗ると、金沢に到着するのが23:35。40年前に乗った20:51上野発の急行「越前」だと、やっと碓氷峠を越えて軽井沢から小諸に向かって走っている頃だなぁ。

 さて、1.5か月ぶりに、Oナローお立ち台の製作を先に進めた。仕事が忙しくて少々疲れ気味で、模型の製作もやや滞っているが、工作に没頭するのがストレス解消には一番効く、かな。

●樹木
 停留所の入口で枝を広げる老木を、ニレキヤキの枯枝で製作。バランスの良い枝ぶりになるように様子を見ながら、2本の枝を組み合わせた。

画像


 つなぎ目は「盛着」という商品名のゼリー状瞬間接着剤をパテ代わりに使用して整形。テクスチャはタミヤパテで後ほど整えるつもり。根本にφ1.5mmの真鍮棒を埋め込み、これで地面に固定する。

画像


 小枝をもう少し追加しようかな。また、葉っぱが残っている状態にするか、このままにするか迷っている。

画像


● 駅名票、踏切警標のレタリング
 Excelで原稿を作り、インクジェットプリンタ用の転写シールを使用して駅名票、踏切警標に転写した。

画像


画像


 駅(停留所)名の「笹倉(ささくら)」は、地元逗子市に実在する京急バスの停留所の名前。

画像


● 水路の水の表現
 農閑期なので水量は少な目という設定で、グレインペイント アクアシリーズのクリアを底に薄く塗ってみた。これは乾燥に時間がかかるので、効果の程はあらためて確認。部分的に乾いた部分を見ると、あれ?あまり艶がないぞ。薄く延ばし過ぎたかな。

画像


●残作業
 ぼちぼちと仕上げに取り掛かろう。残りの作業は以下を予定。
・待合所の電飾の追加。配線を隠すスペースを作るのを忘れてしまったのだが、これは何とかなりそう。
・待合所内部に時刻表などの貼り紙追加。
・枯草を追加。従前から使用しているフィールドグラスと、さらに別の素材で雑草をもう少し増やすつもり。
・電(力)柱の追加。
・人形の追加。

画像


 続きは今度の週末に・・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
 初めて書き込ませて頂きます。折りにつれ拝見させて頂いてますが、完成度の高さに感心して居ります。
機会が有りましたら 直接拝見したいものです。

ニレケヤキとは・・・仲々好い枝振りですね、私も常々木々の材料に苦慮してますので、とても参考になります。まさか盆栽から採取されたのでしょうか?
はまとん
2015/02/02 14:00
はまとんさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

観賞用の鉢植えのニレキヤキが、何年か前の猛暑で部分的に枯れてしまい、その際に剪定したものを利用しました。枝ぶりが模型に使えそうなので、保存しておいたものです(^^)
この木は手軽な盆栽として人気があるようですが、樹形が模型向きですね。
今井
2015/02/02 21:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oナローお立ち台の製作<その11> 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる