桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Oナローモジュールの製作<その2>

<<   作成日時 : 2015/05/23 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 TMSの第38回レイアウトコンペのB部門に、先日作ったOナローお立ち台を応募してみました。結果発表は、8月号。今は、合格発表を待つ受験生の気分です(ちょっと大袈裟…)。

 製作中のモジュールの残作業項目をブレークダウンして、工数を見積もったところ、110時間という結果が出ました。工作が順調に進めば、完成は7月下旬頃の見込み。7月末完成を目標としましょう。

 状況は、主にモックアップを作りながらストラクチャーの設計を行っています。後述の通り、製作予定の建築物は、神社と野小屋です。2.5mm×2.5mmの角材が必要なのですが、(よく探せばあるかもしれませんが)入手できなかったので、簡単なジグを作って、3.0mm×3.0mmのヒノキの角材から削り出しました。
 
画像


 長さ900mmの角材3本分削りましたが、節目などがあり、きれいに削れなかったB級品が半分くらい。歩留り50%といったところで、意外と難しかったです。

画像


 作業後は、机の上がこんな状態に。掃除機をかけました。

画像


 さて、製作する2棟のストラクチャーは、神社と野小屋です。前者は、地元に実在する神社の拝殿、鳥居などを採寸して設計中です。後者は、坂本衛氏の摂津鉄道の記事にある野小屋を参考に製作するものです。

画像


 また、枯草の茂みに使えそうな素材について、いろいろとお試し中です。写真は、フェイクファーにアクリル塗料で着色したもです。

画像


※フェイクファー:手芸用の、毛皮を模したパイル織物の一種。ユザワヤで購入。種類がいろいろとあるが、幅80mm×1mで600円程度。

 神社の設計を継続中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oナローモジュールの製作<その2>  桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる