桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Oナローモジュールの製作<その14>

<<   作成日時 : 2015/07/12 23:36   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 神社の瓦葺作業を行いました。

 <その13>で、瓦の製作方法は3通りほど考えている、と書いたのは、以下の通りです。
 1.市販のプラ製瓦シート使用。
 2.昔ながらの、ペーパーの帯状の波板を貼り重ねる方法。
 3.ペーパー製の瓦を一枚ずつ貼り重ねる方法。

 1.の、瓦シートですが、私が入手したもの(下写真)は、瓦の形状が違う(縦長)なのでボツ。2.の方法は、かつて河田耕一氏のストラクチャー製作などで用いられていた方法です。悪くはありませんが、Oスケールだとちょっと物足りないかな。で、結局3.の方法を試してみることにしました。

画像


 材料はt0.3mmほどのアートポスト紙です。Wordで作成した罫書きを印刷します。プリンタがオンボロで、ヘッダをクリーニングしても一部かすれてしまい、その部分は手描きで補足しました。

画像


 切り抜きます。単純な長方形なので、ここまではあっという間。

画像


 ペンチでつまんで、端を折り曲げます。

画像


 φ5.0mm位の丸棒(筆の軸を利用)で、カーブを付けて、瓦の出来上がり。

画像


 後は、根気よく屋根に貼り付けて行きます。瓦の縦方向は、1.0mm弱重ねています。横方向は、瓦自体は重ねず、ベースの帯材に瓦の下部をのせて貼り付けることで、段差を表現しています。実物通りに横方向も重ねようとすると、瓦の隅に欠取りが必要で、手間がかかるので、このような方法としました。

画像


 妻の部分などを除いて、貼り付けが終わりました。瓦の枚数は、800枚ほどです。

画像


 軒の縁の部分(軒瓦)は、裏側から紙の帯材を貼り重ねてあります。アップにすると、アラが目立ちますね。

画像


 本体にのせてみました。サーフェイサーを吹いて、ボンドのはみ出しなどを処理しています。

画像


 神社については、もう一息です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
す、すごいです。すごすぎです。
瓦800枚ですか!
手間がかかっている分、リアルに仕上がっていますね。
8枚目の写真、アップにすると模型と思えません。。
norigon
2015/07/13 00:23
norigonさんこんにちは。
後先考えず作業を始めてしまったのですが、途中で何度もくじけそうになりました(^^;
約5mm四方の紙片を1枚ずつ加工する作業で、腱鞘炎になりそうでした。
レモン画翠など探せば、利用出そうなパーツがあるかも。
桜山軽便・今井
2015/07/13 12:49
こんばんは、進展されてますね。
私などは反り上がった瓦屋根を見ただけで怖じ気づいてしまいますが お見事、素晴らしいです。
目立たない様な小さなずれは、かえって実感的に見えます。(^^)
はまとん
2015/07/13 18:15
はまとんさんこんばんは。
Oスケールのストラクチャーの工作は初心者なので、試行錯誤しつつ、工作を楽しんでおります。
また、作例を拝見させていただいたり、いろいろとアドバイスをいただければと思います。
桜山軽便・今井
2015/07/13 21:48
さすがOスケールは手間をかけた分、実感的になりますね。プラ製瓦では屋根の反りに合わせることすらできません。
くるまや
2015/07/14 09:04
くるまやさんこんばんは。ご無沙汰しております。
Oスケールでの手間のかけ方、手の抜き方、いろいろ試して、見極めてゆきたいと思います。楽しんでます(^^)
桜山軽便・今井
2015/07/14 22:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oナローモジュールの製作<その14>  桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる