桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Oナローモジュールの製作<その24>

<<   作成日時 : 2015/09/06 00:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 野小屋の製作に着手するつもりでしたが、予定を変更して、地面と植物の工作などを先行しました。いよいよ切羽詰まってきて、作業の優先順位を見直したりしています。

 用水路に水を流しました。素材は、水性グレインペイント アクアシリーズのクリアです。3mmほどの厚さで塗ってみました。
画像


 続いて、神社の境内にフィールドグラスで雑草の茂みを作製。ポンドが乾いたら刈り込んで、枯れ草色に塗ります。落ち葉は、カラーパウダーの他に、食材のバジルやオレガノなどを使用しています。
画像


 広い枯草の茂みは、フェイクファー(※)を使用しました。アクリル塗料をたっぷりしみこませるようにして色を付け、歯ブラシやワイヤーブラシでごしごしやって、毛並(?)を整えます。

※フェイクファー:手芸用の、毛皮を模したパイル織物の一種。ユザワヤで購入。種類がいろいろとあるが、幅80mm×1mで600円程度。
画像


 紀子さんが、進捗状況の視察に来ました。不安そうな面持ちで、田んぼの方を眺めていました。このモジュール用の人形もぜひ作りたいのですが、時間的な余裕があるかどうか……。ちょっと厳しいかな。
画像


 線路際の、田んぼ側の雑草の茂みが、ちょっと線路に寄り過ぎで、建築限界に抵触しています。後で、草刈をしなければなりません。
画像


 神社の境内のご神木の製作にも着手しました。バルサの幹に、ミズゴケの葉です。実物換算で、12mほどの高さにしました。 

画像


 明日につづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oナローモジュールの製作<その24>  桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる