桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Oナローモジュールの製作2-6

<<   作成日時 : 2016/07/04 00:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 地面の処理と、停留所の待合所の工作を、交互に行っています。

 地面は、紙粘土の下地が整った部分から順次、タミヤのテクスチャーペイント(土 ダークアース)を塗り付けています。
画像

画像

 テクスチャーペイントの乾燥を待つ間に、待合所の工作を進めます。骨組みは2.5×2.5mmのヒノキの角材。
画像

 羽目板は、崎陽軒のシウマイ弁当の蓋から切り出します。くたびれた感じになるように、刃のなまったカッターナイフを使います。
画像

 切り出した羽目板を、薄めたアクリル塗料のフラットブラックに漬けて、着色します。
画像

 あまり濃く染まらないうちに取り出して、ペーパタオルの上に広げて乾燥させます。
画像

 下写真は、並べて色合いを見ているところ。まだ接着していません。ヒノキの角材部分も、薄めたアクリル塗料のフラットブラックを染み込ませるように塗装します。アクリル塗料の溶剤で、ボンドが溶けて、はずれてしまった箇所があります。
画像

 続きは、今度の週末に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oナローモジュールの製作2-6 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる