桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Oナローモジュールの製作2-19

<<   作成日時 : 2016/09/05 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 納屋の製作、その4です。

 屋根瓦の製作と、貼り付け作業に着手しました。まず、屋根が壊れたり、瓦が崩れたりしていない、正常部分から仕上げてゆきます。正常部分の瓦は、長方形に切り出したアートポスト紙を、瓦の形に加工するだけなので、難易度は高くありませんが、数が多いので、根気が必要です。

 瓦の詳細は、昨年の神社の製作記事「Oナローモジュールの製作<その14> 」をご参照ください。
画像

 神社の製作時と異なり、塗装を済ませてから屋根に接着しました。いぶし銀(銀色がっかったダークグレー)を基本色として、白っぽいものを約1割、茶色っぽいものを約2割混ぜて、ランダムに貼り付けてあります。
画像

 瓦のカーブの具合が揃っていませんが、まあいいでしょう。それほど気になりません。
画像

 午前中に約200枚、休憩して、午後に約250枚貼り付けました。残り、約600枚の予定です。
画像

 本日のペースで工作を進めれば、1日半で終了することになりますが、それだけの集中力は持続できないので、計算通りには行かないでしょうね。
画像

 屋根が朽ちた個所の、瓦の崩れた感じとか表現するのが難しそうです。参考写真をじっくりと眺めながら、試行錯誤が必要でしょう。
画像

 瓦葺を続けます。

 話は違いますが、IMONの横浜店から電話がありました。先日iPシリーズのワラ1(1/87 12mm)を購入したのですが、設計ミスがあったとのことで、リコールの連絡でした。ナンバープレートの位置を誤った(上過ぎた)ようで、金型から作り直し、再生産するそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
 瓦製作、相変わらず凄いですね、とても実感的です。
群馬も山間部には 土壁の民家がまだ残ってますので、出掛ける度に記録してますが、無くなるのも時間の問題ですね。(^^)
はまとん
2016/09/05 00:33
はまとんさん、おはようございます。
瓦については、相変わらず試行錯誤中です。
土壁の民家など、今のうちに資料を集めておきたいのですが、最近出かける時間をつくるのもなかなか難しくて、思うように行きません…。
桜山軽便
2016/09/05 10:44
こんばんは。
凄いです!!
レベル高すぎです ^^;
う〜んまいったなぁ。。。

瓦売れそうです(笑)
norigon
2016/09/05 19:34
norigonさん、こんばんは。
長方形に切り刻んだ紙片を波型に曲げ、並べて接着するだけの工作なのですが、メンタル面を鍛えないと、なかなかはかどらない作業です(^^;
軽便祭でお会いしましょう。
桜山軽便
2016/09/05 21:30
すごい、ますます冴え渡りますね。
完成が楽しみです。
鉄道青年
URL
2016/09/06 18:10
鉄道青年さん、こんばんは。
そろそろ全体的な仕上げに取り掛からないと、軽便祭に間に合わなくなってしまうので、あせりつつも、細部にばかりこだわってしまいます。
このような、こまごまとした工作が、結構好きなのです(^^;
桜山軽便
2016/09/06 22:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oナローモジュールの製作2-19 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる