桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 円形パイクの製作・完成

<<   作成日時 : 2017/08/13 00:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 気まぐれに作り始めた円形パイクが完成しました。
画像

 雑草や落ち葉の工作が主な作業でしたが、荷揚げ台の天井クレーン(チェーンブロック)を作りました。プラ板と超極細チェーン(フラッグシップ製)でそれらしくでっち上げました。
画像

 黄橙色で塗って荷揚げ台の天井に取り付けました。
画像

 最終的な仕上げに取り掛かります。まず、褐色と濃緑色を混ぜ、オリーブグリーンのような色合いに調合したパウダーを、地面全体に撒き、その後落ち葉を撒きました。接着はいずれも木工用ボンドの水溶液(水少な目)です。事前に地面に塗ってから草や落ち葉の素材をパラパラ撒きます。

 祠の周りにはレーザーカットのシダを植えました。
画像

 ココナッツファイバーの茂みはハサミで刈りこんで、合間にオランダフラワーの小枝を植え込みました。ココナッツファイバーはごわごわしてちょっと扱い辛いのですが、もじゃもじゃした茂みが表現できるのでうまく利用したい素材ですね。
画像

 荷揚げ台にドラム缶を置きました。海外製のプラパーツです。
画像

 さらに、周囲にスノコや廃材、錆びたドラム缶などを配しました。また、線路の外側に崩れた擁壁のようなものを作りました。ホームの形跡でしょうか。材料はスチレンボードの小片とシーナリー用の石ころ(多分モーリン製)です。
画像

 崩れた積み石がごろごろ転がっています。一体何があったのでしょう・・・。
画像

 この小屋は2階建てにしたら面白かったなぁ、などと今更ながら思っています。別途製作中の海軍パイクの方で、実現するかも。
画像

 踏切の両脇に、簡素な杭を立てました。標識はありません。
画像

 反対側のクロスは併用軌道的雰囲気です。
画像

 ご神木の向こうをカトーが単機で通過して行きました。いい雰囲気です。
画像

 最後に、ぐるっと一周。
画像

画像

画像

画像

 製作日数は5日でした。娘から、このスタイルで春夏秋冬揃えたらどうか、との提案がありました。実はちょっと考えていました。気が向いたら、検討します。

 JAMに持って行こうかな。
おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
円形パイクの製作・完成 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる