桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Oナローモジュール製作メモ

<<   作成日時 : 2017/10/22 23:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 先日の第13回 軽便鉄道模型祭に出展した新作Oナローモジュールについて、会場でいただいた質問をもとにまとめた簡単なFAQを、アップします。
画像

Q1.桜の木の製作方法は?
A1.今回一番多くいただいた質問です。幹や枝の部分と、花の部分のいずれも製作方法について質問をいただきました。手順を簡単に解説します。詳細はこの辺→Oナローモジュールの製作3-53-63-6.53-7をご参照ください。
(1)枝はユザワヤで購入したフラワー用ワイヤーを捩って作ります。No.30(直径0.4mm程度)を使用しました。
画像

(2)長さ10〜20cm、太さ3mm程度の枝を束ねて、太くなった部分を幹にします。幹の長さや太さが足りない場合は、バルサ材などを継ぎ足して整形します。
画像

(3)幹と枝の表面をタミヤパテで整形します。
画像

(4)全体を黒褐色で塗装した後、枝の先端部分にオランダフラワーの穂先を接着します。
画像

(5)オランダフラワーの部分を暗めのローズピンク(MSシャアレッドなど)で塗装します。つぼみが膨らみ、開花直前、といった感じになります。
画像

(6)花は桜色のラシャ紙をおろし金でおろしたもの。大根のようにサクサクとはおろせません。結構重労働です。また、作業中は粉末を吸い込まないようにマスクをした方がよいでしょう。
画像

(7)オランダフラワーの部分に水溶きボンドを塗り、ラシャ紙の粉末を接着してできあがり。
画像

※なお、製作のモデルとなった桜の木は、京急新逗子駅の裏手の川岸にあるこの木。
画像


Q2.菜の花の製作方法は?
A2.ススキの穂を乾燥させたような素材を短くカットして、先端部や枝分かれした部分にスポンジの粒を接着し、葉っぱを付けたものです。塗装はスポンジの部分を含め全体を黄緑に塗装した後、スポンジの部分をドライブラシするように黄色で着色すると実感的に仕上がります。あと、増量用に、フラワー用ワイヤーの先端にスポンジの粒を接着しただけの葉っぱのない簡易版も作りました。
画像


Q3.石垣の製作方法は?
A3.スチレンボードの表面に鉄筆やカッターでパターンをスジボリしたものです。表面の光沢のある面は粗目のサンドペーパーで削ったり、ピンセットでつまんで剥がすなどして荒らしてあります。
画像


Q4.草の素材は?
A4.前作同様、市販のパウダー、フィールドグラス、ピーコックグラス、MK35-A093雑草、ほぐした麻ひもの繊維など各種素材を使用しています。また、はまとんさんからいただいた、本物の枯葉をコーヒーミルで粉砕したパウダーも使用しました。パウダーは(絵具みたいに)適宜混合して、好みの色合いに調整します。
画像

Q5.砂利道の表現方法は?
A5.海岸の近くで拾ってきた砂岩を厚手のビニール袋に入れてハンマーで叩いて砕いたものを、水溶きボンドを塗った面にふりかけて固着したものです。色は素材の色をそのまま生かしています。詳細はこちら→Oナローモジュールの製作3-14をご参照ください。
画像

画像


Q6.錆びたトタン屋根の塗装方法は?
A6.ベースはラッカー系塗料で調色したメタリックグレーで塗装し、エナメル系塗料の茶系色(※)で錆を表現。乾燥後、溶剤で薄めたアクリル系塗料のフラットブラックをサッと重ねて色調を落ち着かせます。さらに、Mr.プレミアムトップコート つや消しでつやの調子を整えます。

※錆の表現に使用したエナメル塗料は以下の通り。
・タミヤエナメルのレッドブラウン(XF-64)、フラットブラウン(XF-10) (農具小屋の屋根)
画像

・ガイアノーツエナメルの赤サビ(51) (資材置き場の屋根)
 ガイアの赤サビはそのままだと鮮やかすぎる(下写真の右下)ので、薄めたフラットブラックを薄く塗り重ねて調子を整えます(左上)。少しずつ乾燥後の色調を見ながら、塗り重ねて行きます。
画像

画像


Q7.アクセサリの籠は自作?既製品?
A7.鎌倉にあるミニチュア専門店「イクスタン」で購入しました。JR鎌倉駅東口のレトロなアーケード「丸七商店街」の中にあるお店です。
画像

画像


Q8.このモジュールのタイトルは?
A8.便宜的に春モジュールと呼んでおり、特にタイトルは考えていなかったのですが、祭当日会場で、プランを練っている時からのイメージに基づいて『花曇り』(または『花曇りの風景』)と命名しました。

Q9.材料費はいくら位?
A9.大雑把に計算して、5000〜6000円位です。

Q10.製作期間は?
A10.2017年5月の初旬に着手して、9月末(祭の前日)に完成しました。実際に工作に費やした日数は20日程です。工作で手を動かしている時間より、資料を集めたり、考えたりしている時間の方がはるかに長かったと思います。

Q11.次作の予定は?
A11.Oナローモジュールの製作予定については、今のところ白紙状態です。プランはいくつも頭の中にありますが、作るかどうか、いつ作るかは未定です。

 なお、以下のご質問につきましては、昨年アップした記事の内容と重複するので、割愛しました。昨年の記事Oナローモジュール製作メモをご参照ください。
・ストラクチャーの木部に使用した素材は?
・ストラクチャーの屋根に使用した波板は?
・使用した接着剤は?
・地面などの塗装に使用した塗料は?

 現在、祭に間に合わなかった人形の製作と、車両の仕上げを行っています。いずれも、状況はこのブログで随時公開して行きます。
おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
私の様な拙者が今更コメントするのも恐縮なのですが・・・(汗)。

いつも素晴しい作品を拝見させて頂いてます。
この様なQ&Aの記事がありますと,大変参考になります。
参考になったから出来るという訳ではないのですが(汗)
未だ未だ色んな可能性があるんだと再認識させられました。

管理人さんの様な作品が作れる様に,更に精進したいと思います。
初コメで長々と失礼致しました。

YANチョ
URL
2017/10/23 09:21
YANチョさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
YANチョさんのサイトは以前から拝見しておりました。
小さな車両達が可愛いです。色合いやウエザリングの、使いこまれた雰囲気がいいですね。
自作を楽しまれているのが伝わってきます。

今回の記事がレイアウト製作の参考になれば嬉しく思います。材料や製作方法をあれこれ工夫しながら工作している時が楽しいですね。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。
桜山軽便
2017/10/23 22:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Oナローモジュール製作メモ 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる