桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 『少女終末旅行』のケッテンクラート製作・1

<<   作成日時 : 2017/11/12 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 『少女終末旅行』版のケッテンクラートを作ります。
画像

 使用するキットは、タミヤの1/48ドイツ航空機用電源車 ケッテンクラート牽引セットです。
画像

 工作に取り掛かる前に、資料とキットを見比べながら改造点を整理しておきます。コミックと放映中のアニメが資料です。改造点としては、荷台の延長、左側面の荷物入れの追加、荷物類の製作、フィギュア(チトとユーリ)の製作、といったところでしょうか。雰囲気重視の気楽な工作です。
画像

 加工前の側面形状は以下の通り。
画像

画像

 同後部座席(荷台)部分。
画像

 後部座席側板のモールドは一旦すべて削り落としてしまい、プラ板を継ぎ足して延長します。車体右側の延長部分は、予備の燃料タンク(ドラム缶)搭載のための欠き取りがあります。エンジンルームの側面まで薄く削ってしまい、この部分は後でプラ板を貼り重ねて復元するはめになりました。いい加減ですね。
画像

 後部の座席のクッションは使用せず、フラットな荷台にしました。アニメでは、この部分にクッションがあるようにも見えますが・・・。
画像

 予備の燃料タンクは、キットに付属のドラム缶を使用します。ただし、ドラム缶の高さが車体の幅とあまり変わらないので、右側にややはみ出して搭載することになります。
画像

画像

 左側面にプラ板製の荷物入れを取り付けます。
画像

 荷台側板のフレームを真鍮線とプラ線で作ります。
画像

画像

 主な改造点は以上です。あとは、塗装して組み立てます。キャタピラ回りの塗り分けが面倒でした。
画像

 各パーツをはめ込んで仮組してみました。
画像

画像

画像

 こちらの側面にはスコップを装着します。
画像

 運転席のレバーやペダル類は潔く省略されていますね。運転手(チト)を乗せて様子を見ながら追加するかどうか考えます。
画像

 次週末、荷物類とチト、ユーリを作る予定です。
つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『少女終末旅行』のケッテンクラート製作・1 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる