桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧弾薬庫引き込み線の廃線跡・近況

<<   作成日時 : 2017/12/11 22:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 逗子市内の第一運動公園で京急デハ601の保存車両を見た後、近くの池子の森自然公園内に残る旧弾薬庫引き込み線の廃線跡を見に行きました。

 ※撮影日:2017年12月2日

画像

 このブログで過去に何度かレポートした廃線の近況報告です。過去の記事は以下のリンクよりご参照ください。
旧弾薬庫引き込み線の廃線跡(2016年7月)
旧弾薬庫引き込み線の廃線跡・追補 (2016年7月)
旧弾薬庫引き込み線の廃線跡・再度訪問(2016年7月)
旧弾薬庫引き込み線の廃線跡・掘り出されたレール(2017年2月)

 さて、結論から言ってしまうと、廃線跡の様子は特段変化なし、ということになります。立ち入り禁止エリアの制限が解除されているのではないか、と少し期待していたのですが、変化なし。むしろ制限エリアが増えているようです。

 以下の写真は、道路(引き込み線の本線跡)から分岐して奥まった場所にある広場に続く100mほどの線路の途中の様子。雑草や落ち葉に覆われて、片側のレールが辛うじて見える程度。
画像

画像

 以下は同線路の分岐方向を見たところ。奥の建物は今年新設された公園の施設(トイレ・管理棟)。そのあたりでこの線路は分岐していたようです。
画像

 線路の左側に沿って白っぽい延石が埋まっています。この石は、この線路沿いの他の箇所でも見られます。
画像

 上述の施設の敷地内には、建設工事の際に掘り出されたレールや枕木が、無造作に放置されています。
画像

画像

 掘り出されたレールにはポイントの一部分が含まれているようです。
画像

画像

 レールの高さ(実測で約94mm)から推測して、22Kgレールではないかと思います。
画像

 上述の、線路沿いに埋まっていたのと同じものでしょうか、御影石(?)の延石も掘り出されたようです。
画像

 こちらの写真は別の場所、公園の奥の方に残る線路の様子。ここは芝の厚みが一段と増したようで、線路がほとんど見えなくなっていました。そのうち完全に芝に覆われてしまうのではないか、と思います。
画像

おわり




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
旧弾薬庫引き込み線の廃線跡・近況 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる