桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 江ノ電・1975年4月

<<   作成日時 : 2018/01/27 22:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 40年以上前、中学2年生の新学期早々に撮影した、江ノ電(江ノ島鎌倉観光、現・江ノ島電鉄)の写真です。土曜日、学校が終わってから出掛けました。

 撮影日:1975(昭和50)年4月19日

 江ノ電の起点、藤沢駅に停車中の306編成。この駅ビルは、撮影の前年、1974(昭和49)年6月に完成したばかり。
画像

 土曜日の午後。のどかな江ノ島駅構内。近所の小学生たちが遊んでいました。
画像

 100形(106形)108号。当時は107号とともに、朝のラッシュ時間帯の前後に、江ノ島〜鎌倉間で限定的に運用されていました。1931(昭和6)年、新潟鉄工所製。1980(昭和55)年に107号とともにさよなら運転を行い引退。現在は極楽寺検車区で動態保存されています。
画像

画像

画像

画像

 303編成。1957(昭和32)年に、100形103号、104号を連接車化したもの。2008(平成20)年に廃車され、303号の先頭部が江ノ島駅の待合室で保存されています。
画像

 極楽寺検車区。左から105号、107号、502編成、800形(801-802)、301編成。105号はモータを600形(601-602)に譲り、休車状態でした。
画像

画像

画像

 301編成。1956(昭和31)年に連結車113-114を連接車化して登場した300形のトップナンバー。1992(平成4)年に廃車、解体されました。
画像

 100形(106形)107号。上述の通り、当時は108号とともに、朝の限定運用についていました。製造年、製造所は108号と同じです。現在は鎌倉市由比ヶ浜の公園で静態保存されています。
画像

画像

 極楽洞(極楽寺トンネル)から顔を出した501編成。トンネルの向こうが長谷で、こちらが極楽寺。
画像

 極楽寺を稲村ケ崎に向けて出発した302編成。画面の左側に検車区があります。
画像

 稲村ケ崎から極楽寺へ向かう600形(601-602(のちに651に改番))。1970(昭和45)年に東急世田谷線の80形(デハ87、88)を譲り受け、改造したもの。1990(平成2)年に廃車。601は、東急世田谷線宮の坂駅脇の宮坂区民センターで静態保存され、651は江ノ島駅近くの和菓子屋さんで先頭部が保存されています。
画像

 同、306編成。200形連結車(201-202)を1968(昭和43)年に連接車化した300形のラストナンバー。1991(平成3)年に廃車、解体されました。
画像

 この撮影の翌年(1976年)にテレビドラマ「俺たちの朝」が放映され、江ノ電が世間に注目されるきっかけとなりました。現在は週末ともなれば、江ノ電の駅も電車も観光客で大混雑。隔世の感を禁じえませんね。
おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
江ノ電・1975年4月 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる