桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄道ジオラマ展とトークイベント

<<   作成日時 : 2018/04/21 21:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 藤枝市郷土博物館・文学館で開催中の『こだま号と軽便の鉄道ジオラマ展』と、神保町の書泉グランデにて開催された風間克美さんの『地方私鉄1960年代の回想』出版記念トークイベントに行ってきました。
画像

 年度末の繁忙期がようやく落ち着いたので、休暇を取得して早朝から出掛けました。逗子駅から普通列車を乗り継ぎ、まず向かったのは、東海道線の藤枝駅。駅前からバスと徒歩で15分ほどで、藤枝市郷土博物館・文学館に到着。
画像

 この施設は蓮華寺池公園という、大きな池のある公園内にあります。平日の午前中にもかかわらず、園内は多くの人で賑わっていました。
画像

 博物館の前庭に、静岡鉄道 駿遠線で使用された蒸気機関車B15が保存展示されています。1948年立山重工製。1952年引退とのことなので、使用された期間は、短かったのですね。
画像

 早めの到着だったので、開館の9:00ちょうどに館内へ。ほぼ貸し切り状態で、展示をじっくりと拝見させていただきました。

 展示内容は宮下さんのブログ、藤枝市のWebサイトに詳しく掲載されいるので、そちらをご参照ください。
吊り掛け電車をもとめて>「こだま号と軽便の鉄道ジオラマ展」
藤枝市>郷土博物館・文学館 展示>イベント

 さて、今回の企画では、軽便車両の模型展示で、私も微力ながら協力させていただきました。展示室内は撮影禁止となっていますが、許可をいただき、自分の作品を中心に一部撮影さていただきました。写真のブログ掲載についても「宣伝してください」とのことで、ご快諾いただきました。

 軽便鉄道の写真や模型が展示されている、第二展示室内の様子。実物写真は風間克己さんの作品が、模型は軽便モジュール倶楽部のメンバーの作品を中心に多数展示されています。いずれも素晴らしい作品ばかりで見ごたえがあります。
画像

 その中に、私のOナローの車両が展示されています。
画像

画像

 左から尾小屋鉄道キハ3、ホハフ2、キハ1、ホハフ3(いずれも1/48、16.5mm)です。
画像

 模型と写真の展示を堪能しました。

 博物館から藤枝駅までの復路は、駿遠線の廃線跡に沿って歩いてみました。しかし、軽便の痕跡はほとんど残っていません。藤枝本町駅の駅舎が個人に払い下げられ、近くに移設されて長らく残っていたようですが、残念ながら2016年の11月に解体されたようで、空き地になっていました。また、瀬戸川橋の橋脚の残骸は、見落としてしまいました。暑くて参りました。

 JR藤枝駅の1番線ホームには、1889(明治22)年、東海道線国府津〜浜松開業当時に建てられた油庫が残っています。1番線は、一部の普通列車がホームライナーを待避する際に使用するのみで、それ以外の時間は立ち入ることができないようで、2番線から撮影しました。
画像

 少しだけ、寄り道を・・・。金谷駅へ。
画像

 元南海の21000系(21003+21004)が来ました。
画像

画像

 JRのホームから出発を見送り、私もとんぼ返り。
画像

画像

 普通列車を乗り継ぎ、熱海に到着。島田からここまで乗ってきたJR東海313系電車と、185系特急「踊り子」が並びました。313系に乗るのは今回が初めてかも。前方の見晴らしが良くて、富士山が良く見えました。
画像

 隣のホームには、伊豆急の8000系が 。
画像

 列車待ち時間の暇つぶしに、駅前をぶらぶら。見るものは、これくらいしかありません。
画像

 その後、さらに、普通列車で東京まで移動。秋葉原をぶらぶらし、御茶ノ水のレモン画翠でアクリルガッシュなどを購入した後、神保町へ。書泉グランデで開催の、風間克美さんの出版記念トークイベント『鼎談 「地方私鉄の1960年代の回想」を語る』へ。

 あっという間の90分間でした。興味深いお話をたっぷりとうかがうことができました。『海辺の小鉄道 銚子電気鉄道』という出版記念の小冊子をいただきました。銚子電鉄は、風間さんが1960年代に撮影した地方私鉄の中で、現在も営業を続けている数少ない鉄道のひとつなのです。
画像

 イベントの開場を待つ間、6階の売り場で時間をつぶしました。『てるみな 3』(kashmir/白泉社)を購入。TMS買うの忘れた・・・。
画像

 楽しい一日でした。

『こだま号と軽便の鉄道ジオラマ展』
 ・会場: 藤枝市郷土博物館・文学館
 ・会期: 2018年4月7日(土)〜6月3日(日)
 ・休館日: 月曜日(4/23、4/30は除く)
 ・開館時間: 9:00〜17:00
 ・入館料: 大人200円、中学生以下無料
  ※藤まつり期間中(4/21〜5/5)は毎日会館、入館無料

おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄道ジオラマ展とトークイベント 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる