あるてぃめっと!ニパ子ちゃん

 鉄道模型の工作は何となく休止中。気分が乗らない日も、たまにはあります。気まぐれに、気晴らしに、ちょっと気楽な工作を・・・・・・。

 新潟県三条市の工具メーカーゴッドハンド社の主力商品「アルティメットニッパー」のイメージキャラクターであり、世界初のニッパー擬人化キャラクターである「ニパ子」。
 はるか何万光年先の惑星コウグからやってきた、地球のサブカルが大好きなお姫様。本名セリーヌ・P・ニッパーヌ・・・・・・(以下略) 。
画像

 このキャラがキット化(マックスファクトリー製、1/20スケール)されたのは、今年の8月のこと。手にしたニッパーに惹かれて、つい購入してしまいました。パーツは色分け済みで、そのまま組み立ててデカールを貼れば、一応それなりの仕上がりにはなると思いましたが、髪の毛と肌は塗装しました。
画像

 完成です!
 塗装はいずれもMr.COLORの筆塗りで、髪の毛はスカイブルー(No.34)とインディーブルー(No.65)の混色で、肌はキャラクターフレッシュ(1)(No.111)を使用。肌は、パーツの色よりも若干色白になりました。ナット状の髪留は黒鉄色(No.28)です。服はパーツの白地をそのまま生かしましたが、薄めたタミヤエナメルのライトブルー(XF-23)でメリハリをつけてあります。
画像

 右手に、「アルティメットニッパー」を掲げています。先端を黒鉄色で塗ってあります。
画像

 目と口はデカールです。左右の目の間隔は、あとほんの少しだけ広げた方が良かったかもしれません。微妙ですね。
画像

 襟と袖のラインもデカールです。もう少し青が濃い方が良いような気がします。仕上げに、デカールの保護を兼ねて、トップコートのつや消しを吹いてあります。
 胸のスカーフは白のままですが、ライトブルーで塗った方が良いですね。忘れました。後で、修正します。
画像

 後ろから見ると、頭のリボンがニッパーの刃で、ツインテールがハンドルという、特徴的なシルエットが顕著です。
画像

 ちなみに、私が持っているゴッドハンドの製品は、この刃がないニッパー、ニッパー型ピンセットだけでした。
画像

 今度の3連休は、鉄道模型(沖縄県営キハ)の製作にもどります(多分)。

この記事へのコメント