よもやま話(横須賀散歩)

 国際鉄道模型コンベンション(JAM)の翌週の土曜日(8/26)、横須賀で映画を見て、周辺の散歩を少々……。

 休日は家に籠って模型を作ったり、アニメを見たりしているインドア派の私ですが、続けざまに週末に外出するとは、ずいぶんと活動的になったものです。今回は、汐入のショッパーズプラザのシネコンで『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』を見ました。結局、アニメです。家で見るか?映画館で見るか?

 1993年にテレビドラマとして放映され、1995年に映画化(実写)された 岩井俊二の作品を原作に、アニメ化したものです。総監督は 新房昭之で、制作会社は シャフト。
画像

画像

画像

 映画を見た後、どぶ板通りや軍港を望むヴェルニー公園を少しだけぶらぶら。

 横須賀海軍カレーの老舗、魚籃亭のカレー館が老朽化のため27日で閉店とのことで、行列ができていました。お店はなくなりますが、魚籃亭のカレーは引き続きレトルトで味わうことができます。
画像

 どぶ板通り周辺で錆びたトタンの写真を撮ったり…。
画像

画像

 ヴェルニー公園の岸壁の石積みを撮ったり。いずれも模型のウェザリングの参考にします。
画像

 海上自衛隊の第2潜水隊群の基地には、そうりゅう型潜水艦(「ずいりゅう」あるいは「こくりゅう」)が停泊。下の写真では見づらいかもしれませんが、X舵が外見上の特徴です。
画像

 逸見岸壁には「いずも」が停泊。何度見てもデカいなぁ、と思います。
画像

 このブログで工事中の様子をアップしたことがありましたが、ヴェルニー公園には船の科学館から移設された戦艦陸奥の主砲(4番砲塔の1門)が展示されました。
画像

画像

画像

 また、ヴェルニー記念館(上写真の左奥のとんがり屋根の建物・入場無料)で、陸奥の模型を展示していたので見てきました。

 この模型は、船の科学館が所蔵していたものを同館の好意と支援により横須賀市が借用し、「陸奥の会」の協力で展示した由。スケールは1/100。木甲板など以外は金属製でしょうか。かっちりとした精確な工作に見蕩れてしまいました。
画像

画像

画像

画像

 良い気晴らしになりました。

 さて、軽便鉄道模型祭まであと1か月を切りました。出品作の製作にラストスパートをかけましょう。
おわり

この記事へのコメント