桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 「桜山軽便鉄道」(1/87・9mm)製作記・2

<<   作成日時 : 2018/07/15 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 製作開始から半年ほど経過した頃の状況です。仕事が忙しかったのか、のんびりとしたペースで工作を進めていますね。本格的にストラクチャーの製作に着手する直前の時期です。

※レイアウト名:桜山軽便鉄道(1/87・9mm)
※製作期間:2002年(2008年)〜2011年

■ 2009年1月 ストラクチャー・シーナリィの製作継続中…
 目隠しの板塀とか臭突などを製作して、駅のトイレが完成。駅舎入り口の反対側、ホームから一段下がった場所に配置しました。ホームとトイレの間には、小さな階段を設けました。
画像

画像

 その他、踏み切りやホームの柵をヒノキの角材で製作。畑の予定地にスチレンボードで多少の高低を作り、畝をスチレンボードのベースにパウダーをまぶして表現しました。また、主な道路と各踏切も製作し、大き目の樹木の製作と配置の検討を開始しました。
画像

画像

画像

画像

画像

■ 2009年2月 ストラクチャー・シーナリィの製作継続中…
 樹木は、広葉樹を10数本製作し、一段落。ちょっと作り過ぎたようです。
画像

画像

 この後は、ストラクチャーの工作を主に行う予定です。まず、レイアウト・モデリング(機芸出版社)に収録されている坂本衛氏の『摂津鉄道』の記事を参考に、野小屋を作りました。材料は、1.5×1.5mmのヒノキの角材、エコーモデルのSTウッドと波板、蝶番にはリベット付シルを使用しました。水性アクリル、エナメルで塗装し、パステルでウエザリングしました。材料のほとんどは、学生の頃(1980年頃)に購入したもので、いまだにストックがあるのです。もう少しくたびれた感じに仕上げてもよかったかな、と思います。配置場所は未定。
画像

 次回は、消防分団詰所の製作をアップします。しばらくストラクチャーの製作に関する記事が続きます。
つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「桜山軽便鉄道」(1/87・9mm)製作記・2 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる