桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 100円ショップの型取り用シリコン

<<   作成日時 : 2018/07/22 00:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 100円ショップSeria(セリア)の、クラフトコーナーで見かけた型取り用シリコンを、試しに購入して使ってみました。
画像

 プラ板とポリパテで作った、Oナロー用人形(1/48)の汎用ヘッドを複製してみます。おゆまるにパーツを半分埋め込んでおきます。
画像

 白色と黄色の2剤(あわせて約10g)を練り合わせると、硬化が始まります。
画像

 型取り剤を練り合わせる際に、G PARTSの指サックを使用しました。
画像

 手袋よりも、使い勝手がよいのです。
画像

 エポキシパテの練り合わせでも重宝します。
画像

 おゆまるに埋め込んだパーツに練り合わせたシリコンを押し付け、硬化させます。硬化時間は、25℃で約30分、と説明書にありますが、本日は気温が高く、20分ほどで十分硬化しました。
 
画像

 バリアコートがないので、代りにオロナイン軟膏を塗り(^^;もう一方を押し付け硬化させました。
画像

 レジンの代わりにエポキシ系接着剤でキャストしてみました。

 うっ、なにこれ。
画像

 サーフェイサーを吹いて、原形と比べてみました。表面がザラザラだし、目元、口元のディテールの再現が不十分です。この製品は、紙粘土や石粉粘土などによる複製を想定しているようで、模型のパーツなどの複製には適していないようです。
画像

 人形の頭は、タミヤパテで整形中。とりあえず、使えそうです。
画像

 上述の通り、精密なパーツの複製には向かないと思いますが、レイアウトのシーナリーの製作などで、使い道はありそうです。いろいろ試してみましょう。
おわり

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
100円ショップの型取り用シリコン 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる