桜山軽便鉄道・雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS よもやま話(2018年9月のあれこれ)

<<   作成日時 : 2018/10/08 14:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 平凡なサラリーマンの平凡な日常。仕事とモジュール製作とモジュール製作とモジュール製作………の日々。

 例年になく忙しかった上半期の仕事が落ち着いたかと思ったら、夏風邪を長引かせてしまい、不順な天候も重なり、いろいろと低迷気味のひと月でした。
 とは言うものの 大切なイベント『軽便鉄道模型祭』の準備の手を緩めるわけには行かず、性能が著しく低下した身体に鞭打ちつつ、Oナローモジュールの工作を進め、何とか展示に間に合わせることができました。

〇イベント
 9月30日(日)に人形町の綿商会館で開催された、第14回 軽便鉄道模型祭に、新グループIMAGE(イマージュ)とOナローモジュールクラブ(ONMC)のメンバーとして参加しました。
 上述の通り、IMAGEで展示する新作モジュールの製作が予定通りに捗らず、直前の1か月程はかなり焦りましたが、なんとかギリギリ間に合いました。

『第14回 軽便鉄道模型祭・ありがとうございました』

画像

画像

画像

 旧新橋停車場 鉄道歴史展示室で開催の『第47回企画展 没後20年 工業デザイナー 黒岩保美』(2018年10月14日まで)および、JCIIフォトサロンで開催の『諸河久作品展「軽便風土記」』(2018年9月30日で終了)を訪れました。

 『鉄道関係イベント二つ』

  黒岩保美さんの展示は、私の年代にとっては子供の頃から慣れ親しんできた国鉄車両のデザインに関するもので、非常に興味深い資料を多数見ることができました。
画像

 諸河久さんの作品展は、井笠鉄道、尾小屋鉄道、沼尻鉄道(日本硫黄観光鉄道)など魅力的な軽便鉄道の、いきいきとした姿を堪能することができました。
画像

 浅草六区のアンティーク店東京蛍堂で開催された大倉ひとみさんの個展『幻都憧憬』(2018年9月30日で終了)を訪れました。
 展示スペースは大正時代に造られた半地下の食糧庫を改装したものだそうで、大倉さんの作品と相俟って独特な雰囲気を醸し出していました。すばらしい展示でした。
画像

 また、蛍堂さんの品揃えにもなかなか興味深いものがありました。あらためて、訪問したいと思います。
画像

画像

〇模型関連
 軽便祭に向け、IMAGEの新作モジュール製作に没頭していました。

〇カプセルトイ
 広島フィギュアみやげが、アキバの海洋堂に登場したので、早速回してみました。が、厳島神社の鳥居が数個、尾道水道の渡船が2個、もみじ饅頭が1個で、目当てのすずさんが出てこない。諦めました。
画像

〇読書(コミックス含む)
 読書量は相変わらず少ない状況です。
 『集中力はいらない』(森博嗣/SB新書 Kindle版)

〇アニメ
 ON AIR中の番組をいくつか録画していますが、相変わらず全然見ていません。録画が溜まっていく一方です。

 さて、10月は鉄道模型の工作はお休みにして、プラモ作ろう!
画像

おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
よもやま話(2018年9月のあれこれ) 桜山軽便鉄道・雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる