八九式中戦車 甲型の製作

 日本陸軍 八九式中戦車 甲型(1:35 ファインモールド)を作りました。戦車にはほとんど興味がないのですが、これは数少ない例外のひとつなのです。
画像

 説明書通り、ストレートに組み立てました。ディテールアップパーツは使いませんでした。あとは丁寧に塗装するだけ。
画像

 基本塗装はMr.COLORの日本陸軍戦車前期迷彩の茶色です。この迷彩色は、以前はセット販売でしたが、単品で購入可能となりました。
画像

画像

 続いて迷彩色の塗装です。塗装とマーキングは西住小次郎中尉車を選択しました。

 緑色(Mr.COLOR日本陸軍戦車前期迷彩)の塗り分けパターンを筆で描き込みます。画像によって茶色が違う色に見えますが、同じ色です。
画像

 筆で描いたパターンの内側をエアブラシで塗りつぶします。
画像

 同じく、土地色(Mr.COLOR日本陸軍戦車後期迷彩)のパターンを描き込み、エアブラシで塗りつぶします。
画像

画像

 黄帯は筆塗りです。Mr.COLORのキアライエロー(GX4)を使用しました。隠ぺい力が高く、発色もよく、綺麗に仕上がりました。
 エナメル塗料による墨入れ、ドライブラシでメリハリを付け、塗装した機銃や装備品などの各パーツを取り付けます。マフラーのカバーはエッチングパーツです。
画像

画像

 デカールを貼り付け、つや消し75%くらに調合したクリアーを吹きました。履帯を中心にピグメントで軽くウエザリングを施し、あまり汚さず仕上げようかと思いましたが・・・・・・
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 結局、ドロドロにしてしまいました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 これまでに作った日本陸軍の戦車と並べて記念撮影。左より、八九式中戦車、九五式軽戦車(ファインモールド)、九七式中戦車(タミヤ)です。
画像

おわり

この記事へのコメント