4泊5日 鉄道の旅(3)富山地方鉄道軌道線

■1日目(10月1日)つづき
 黒部峡谷鉄道乗車の次は、富山地鉄の市内電車を見に行きます。富山駅を訪れるのは、2010年の2月以来のことです。

 富山駅の新幹線中央改札口を抜けると、いきなり目の前にこんな光景が。高架下に停留所が設けられたことは知っていましたが、これには意表を突かれました。
b_191009a.jpg
 この旧塗装の7000形7018を見たいと思っていたので、お目にかかれたのは嬉しいのですが、すぐに南富山駅前に向け出発してしまいました。そのうち戻ってくるでしょう。
b_191009b.jpg
 新しくなった富山駅の在来線のホームを、少しだけ見物。前回訪れたときは、まだ地上のホームを使用していた頃なので、当然のことながら当時の面影は全くありません。すっかり変わってしまいましたね。
b_191009c.jpg
 北口の様子も見に行きます。現在、富山ライトレールと地鉄市内線との接続工事が行われています。以前富山駅北停留所があった辺りは、盛んに工事中です。
b_191009d.jpg
 停留所は北側に位置を変更して、営業中。停車しているTLR0608(ポートラム)は、今年の3月に導入された8編成目の車両です。
b_191009e.jpg
 工事現場を覗いてみます。南北接続事業の完成は2020年3月の予定だそうです。それに先立ち、富山ライトレールは、2020年2月に富山地鉄に吸収合併される由。
b_191009f.jpg
 早朝に軽く食事をしただけなので、お腹がすきました。立山そばで腹ごしらえ。1975年に北陸を旅行した際に、富山駅ホームの立ち食いそば屋さんだった立山そばで食事をして以来、富山に来るたびに食べたくなります。現在は南口1階に店を構えています。
b_191009g.jpg
 その後、富山駅前で市内電車の写真を撮りました。主に7000形を狙います。まず、7017(タウンワーク)。
b_191009h.jpg
 7016(ケーブルテレビ富山)。
b_191009i.jpg
 7015(JA全農とやま)。
b_191009j.jpg
 9003(湾クラブ世界総会)。
b_191009k.jpg
 7021(地鉄の高速バス)。
b_191009l.jpg
 7015(左)と7019(右 エステティック ジュビラン)。
b_191009m.jpg
 T104。2010年4月に運行が開始されたとのことで、初めて見る形式です。愛称は「サントラム」だそうです。
b_191009n.jpg
 ちてつ!
b_191009o.jpg
 鉄道線の方を覗きに行きました。
 16010形16012(左)と10030形10041(右)。10041には、魚津のゆるキャラ「ミラたん」のヘッドマークが。「ミラージュ(蜃気楼)」の「ミラ」だそうです。
b_191009p.jpg
 お目当ての旧塗装7018が、ようやく戻ってきました。入庫してしまったのでは、とやきもきしていました。
b_191009q.jpg
b_191009r.jpg
b_191009s.jpg
b_191009t.jpg
b_191009u.jpg
 7018を見ることができたので満足。西に移動します。

 金沢から特急「サンダーバード」で、本日の宿泊地である新大阪に向かいます。乗り換えのわずかな時間に、駅前の様子などちょっとだけ見物。金沢駅も2010年以来です。なんかすごいことになっていますなぁ。
b_191009v.jpg
 北鉄金沢駅も、改札口からチラッと。30年くらい前、井の頭線沿線の客先に通うのに随分お世話になった車両です。
b_191009w.jpg
b_191009x.jpg
 サンダーバードの座席から窓の外を見ると、懐かしい国鉄顔が。
b_191009y.jpg
 富山、金沢界隈も、まだまだ見たいものがたくさんあるのですが、先に進みます。

 4泊5日 鉄道の旅(4)太陽の塔内部観覧につづきます。次回は鉄分少な目です。

つづく

この記事へのコメント