4泊5日 鉄道の旅(6)広島電鉄軌道線・後編

■3日目(10月3日)つづき
 1150形 1156 3号線 広島港(宇品)行き 小網町
 25分程前に十日市町で見た神戸市電1156が、戻ってきました。
b_191012a.jpg
 3950形 3954 2号線 広島駅行き 小網町~天満町 広電天満橋
b_191012b.jpg
 3700形 3702 2号線 宮島口行き 小網町
b_191012c.jpg
 1000形グリーンムーバーLEX 1013 3号線 広島港(宇品)行き 小網町
 小網町は道幅が狭いため、道路上に乗り場を表示しただけの、ホームのない平面電停です。狭い道路に専用軌道が敷かれたこの区間の雰囲気は、なかなか良いですね。
b_191012d.jpg
 350形 351 3号線 西広島(己斐)行き 小網町
 宮島線直通用として1958(昭和33)年に導入された車両。351~353の3両が在籍し、現在は市内線で使用されています。
b_191012e.jpg
b_191012f.jpg
 小網町~天満町 広電天満橋
b_191012g.jpg
 5000形グリーンムーバ 5006 0号線(入庫系統) 広電前行き 小網町
 ドイツのシーメンス社で製造された超低床車両です。
b_191012h.jpg
 1900形 1901「東山」 3号線 広島港(宇品)行き 小網町
b_191012i.jpg
 土橋~小網町
b_191012j.jpg
 1900形 1912「大文字」 6号線 江波行き 十日市町
b_191012k.jpg
 900形 912 8号線 江波行き 十日市町
b_191012l.jpg
 3100形 3102 0号線(入庫系統) 広電前行き 十日市町
 2500形を3両連接に改造した車両です。
b_191012m.jpg
 900形 914 9号線 江波行き 十日市町
b_191012n.jpg
 1900形 1906「西陣」 3号線 西広島(己斐)行き 十日市町
b_191012o.jpg
 900形 913 6号線 広島駅行き 十日市町
 913は前面中央(運転台)の窓枠が細いので、枠の太い912、914と比べるとガラスの面積が広く、顔の印象がやや異なります。
b_191012p.jpg
b_191012q.jpg
 5200形グリーンムーバーエイペックス 5201 2号線 宮島口行き、900形 913 6号線 広島駅行き 十日市町
 5200形は、今年(2019年)運行を開始した超低床車両です。
b_191012r.jpg
 350形 353 7号線 横川駅行き 本川町~十日市町
b_191012s.jpg
b_191012t.jpg
 650形 651 3号線 西広島(己斐)行き 原爆ドーム前~本川町
「被爆電車」。中電前付近(爆心地から約700m)を走行中に被爆し、半焼の被害を被ったものの、翌年の3月に復旧した由。
b_191012u.jpg
 350形 351 3号線 広島港(宇品)行き 原爆ドーム前~本川町
b_191012v.jpg
b_191012w.jpg
 760形 762 3号線 西広島(己斐)行き 原爆ドーム前~本川町
 元大阪市電の760形は、762のみが在籍しています。
b_191012x.jpg
 3000形 3003 回送 原爆ドーム前~紙屋町西
b_191012y.jpg
 広電の車両は以上です。

 次回の旅行記(7)は、広島平和記念資料館、長崎原爆資料館の観覧などを紹介します。その後、(8)長崎電軌、(9)軍艦島と続きます。もう少し、この旅行の記録にお付き合いください。

 4泊5日 鉄道の旅(7)広島・長崎につづきます。

つづく

この記事へのコメント