よもやま話(2020年5月のあれこれ)

 平凡なサラリーマンの緊急事態な日常。テレワークと模型、アニメ、ゴミ出しの日々。

○引き続き、在宅勤務の日々
 テレワークは継続中で、今月の出社日数は1日のみでした。6月中も私の勤め先では、出社制限をやや緩和しつつ、テレワーク主体の勤務を継続することが決まりました。

 下写真は、出社した5月中旬某日夕刻の、東京駅丸の内地下通路の様子。デジタルサイネージ広告も、臨時休業のお知らせばかり。
b_200531a.jpg
○模型関連
 木曽酒井モーターカーに職員を2人乗せました。タミヤのドイツ兵そのままです。ドイツ軍のヘルメットも、黄色く塗ればそれらしく見えるものです。実際にはエンジンが車内に張り出しているので、こんな格好では着席できないはずですが、よく見えないところなのでそのまま。椅子の座面も省略。背もたれはちょっと高すぎました。
b_200531b.jpg
 助手席の職員は下向いちゃってますが、窓越しに黄色が目立ってよいアクセントになるので、まあよいでしょう。
b_200531c.jpg
b_200531d.jpg
 他にも、いろいろと作っているのですが、作り散らかしている状況なので、完成のメドが立ってから公開します。時間に余裕があるので、模型製作も捗るかと思いきや、今一つですね。

 自宅で過ごす時間が長くなると、断捨離など身の回りの整理をはじめる人が増えるそうですね。私も在宅勤務がはじまってから、暇を利用して身の回りの整理を行っています。4月には、このブログでも書きましたが、本や雑誌を整理して、800冊程ブックオフ送りにしました。

 今月は、小型家電や家具、工具、カメラなどの不用品を廃棄し、その後、模型関係の素材やパーツ類、資料類の徹底的な整理に着手したのですが、カオス状態です。安易に踏み込んではいけない領域だったようです。

 多分一生使わない昔の16番のパーツとか、どうしよう・・・。
b_200531f.jpg
 中学生の時に江ノ電107(1/80・16.5mm)を自作した際に作ったZパンタの残骸を見つけました。ペーパー製の車体は行方不明です。火傷しながら作った苦労作で、捨てるに忍びないので保存しておきましょう。
b_200531g.jpg
 こんなのよく作ったなぁ、中学生の自分。
b_200531h.jpg
 とりあえず何がどこにあるのか、把握できるように整理したいと思います。まだまだ続けます。

 ジオコレの twitter公式アカウントで公開されている、小林信夫氏による「大人のヌリ絵」を私も塗ってみました。こちらにあげておきます。
b_200531e.png
○アニメ、映画など
 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開前のおさらい、ということで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を久しぶりに見返しました。『:破』、『:Q』も近いうちに。
 映画『若おかみは小学生!』がEテレで放送されたので、録画してあります。これは傑作アニメだと思っています。
 実写ドラマ化の『映像研には手を出すな!』を最終回まで視聴しました。続きは夏公開予定の映画まで、おあずけ。
 あと『翔んで埼玉』をネット配信で視聴。うちの奥さんの実家がある田無が軽くディスられておりますw

 ネットで予約してあった『へんたつ』のブルーレイが、コロナの影響で1か月ほど遅れ、ようやく到着しました。深夜に、90秒のCM枠で放映された異色のアニメ作品です。たつき監督と作画監督の伊佐氏の分身である鬼と猫が、何となく終末感、異世界感の漂う中野とか新宿、レインボーブリッジあたりで、茶飲み話を繰り広げる、シュールな内容です。

○読書(コミックス含む)
 『紺碧の果てを見よ』(須賀しのぶ/新潮文庫 Kindle版)

 その他、雑誌は『子供の科学』(kindle版)、『鉄道模型趣味』
 鉄道模型趣味に、同じ鉄道模型サークルONMCのメンバーT氏のOナローモジュール製作記事「日本の原風景を再現する 田植え日和」が掲載されました(表紙も同作品)。2400本のネコジャラシを植えた水田風景が、自作のフィギュアも効果的で、すばらしい作品です。


 もともとインドア派の私ですが、これだけの家ごもりは、やはり少しストレスになりますね。コロナ騒ぎ発生前に考えていた、5月下旬頃の国内旅行の計画があったのですが、しばらくは無理ですね。辛抱しましょう。
おわり

この記事へのコメント