よもやま話(2020年6月のあれこれ)

 平凡なサラリーマンの平凡な日常。仕事と模型、アニメの日々。

 久しぶりに散髪してさっぱりしました。先日会社で久しぶりに会った同僚が、無人島に漂流して数カ月ぶりに救助された人、みたいなぼさぼさアタマになっていました。

○在宅勤務は続く
 私の勤める会社は、勤務体制をテレワーク主体に大きく舵を切りました。出社人数を最大で50%程度に制限した勤務体制が、当分の間継続されます。インフラや就業規則等もそれに合わせて整備され、意外なほどスムーズに体制の移行が完了しました。小さい会社なので、小回りが利くようです。
 私は当面、1カ月に10日前後出社する予定で、出社とテレワークが半々といったところです。

 通勤で利用する駅や電車の様子は、月の中旬以降急速に自粛前の状態に戻りつつありますね。閑散としていた東京駅丸の内地下通路も、朝夕の混雑が戻ってきました。
b_200630n.jpg
 マスクとか給付金とか、コロナ関連でいただけるものは、月の上旬にすべて受領しました。

○自宅の大掃除は続く
 自宅で過ごす時間が長くなったことにより始めた、家中の整理ですが、継続中です。納戸の奥など徹底的に整理を行っていますが、懐かしい品々の発掘につい手が止まってしまい、はかどりません。パンドラの箱を開けてしまったようです。

 半世紀以上前、幼稚園の頃に買ってもらった絵本が出てきました。こんなもの実家から引っ越すときに持ってきた記憶がないのですが、なぜここにあるのでしょうか。不思議です。小学館の育児絵本『ちょうとっきゅう ひかりごう』。
b_200630a.jpg
 大好きだったページ。小学生の時に鉄道模型を始めて、最初に作ったのが153系で、次が伊豆急100系(いずれもペーパーキット)だったのは、このページの影響だったのかも。
b_200630b.jpg
 東京駅出発から新大阪駅到着までの、沿線風景を辿る内容です。運転手はもちろん千葉真一(嘘)。新幹線と在来線の車体長やゲージの違いを、この絵本で学びました。この手の絵本は、ページがしかりとした厚紙なので、よく原型をとどめています。
b_200630c.jpg
 あと、生まれる前の『模型とラジオ』とか・・・。私が小学生の頃、父親が会社帰りに大井町の古本屋で、よくバックナンバーを買ってきました。
b_200630d.jpg
 ペーパー製車両の工作方法など『模型とラジオ』が教科書でした。小学校4~6年生の頃に、このような雑誌ばかり熱心に読んでいると、私みたいなおっさんになります。
b_200630e.jpg
 あと、プラモデルも減りませんなぁ。飛行機関係と、1/700の艦艇はこれで全部。あと大型の艦艇などが別の場所にいくつか。
b_200630i.jpg
 江ノ電100形がいつのまにか増えている。
b_200630h.jpg
 作りかけの飛行機・・・。
b_200630j.jpg
 出てくる、出てくる。
b_200630k.jpg
 旅客機が少ないなぁ。どこか他の場所に眠っているはず。探さねば。
b_200630l.jpg
 その他、16番のペーパーキットが30個程ありました・・・。

○季節の話題
 久しぶりに梅酒と梅シロップを漬けました。シロップの方は、今夏中に消費してしまうと思いますが、梅酒の方はチビチビと楽しみましょう。前回5年前に漬けた梅酒が非常に良い出来だったので、今回もうまくいくといいなぁ。
b_200630f.jpg
○模型関連
 しばらく中断していた、尾小屋鉄道キハ2(1/48・16.5mm)の製作を再開しました。今のペースだと、8月中に完成するかも。
b_200630m.jpg

○アニメ
 『交響詩篇エウレカセブン 』全50話一気見。2005~2006年に放映された作品で、ずっと気になっていたのですが、ようやく。
 その他、過去の作品をいろいろと、DVDやブルーレイで見返しています。

○テレビ番組
 5月末にBSプレミアムで放映された『よみがえる新日本紀行「山と湖の5月~磐梯山麓~」』を見逃してしまったので、NHKオンデマンドで視聴しました(単品220円)。廃線直後(1969年5月)の沼尻鉄道の様子が、2分15秒程登場します。
b_200630g.jpg
○読書(コミックス含む)
 『お金の減らし方』(森博嗣/SB新書 Kindle版)
 『それでも歩は寄せてくる(4)』(山本崇一朗/週刊少年マガジンコミックス Kindle版)

 その他、雑誌は『子供の科学』(kindle版)、『鉄道模型趣味』
 鉄道模型趣味に、同じ鉄道模型サークルNGJのメンバーK氏のエアーライブ縦釜機関車「BONVENT」が掲載されました。エアライブに興味がわきました。面白そう。作ってみたい。

 今年も半分過ぎました。今年は春がなかったような・・・。
おわり

この記事へのコメント