グラスアプリケーター(静電起毛器)の製作

 電撃殺虫ラケットを利用したグラスアプリケーター(静電起毛器)を作ってみました。

 ベテランのモデラーの方々から「グラスアプリケーターを使うと、こんなことやあんなことができるぞ~」と勧めていただき、気になっていたツールです。しかし、製品はなかなか高価なので購入を躊躇していたところ、ネット上で電撃殺虫ラケットを利用した作例をいくつか見かけ、試してみることにしました。

 利用した製品名は記録し忘れましたが、500円弱でホームセンターで購入したものです。

 ネジ止めされている柄の部分のカバーを外します。
画像

 分解すると、スイッチのボタンがポロリと落ちました。なくさないように注意しましょう。
画像

 ネットは3層構造で、黄色の線が外側に、赤の線が中央のネットに接続されています。いずれも切断します。
画像

 柄のカバーは先端部分を切り取り、ステンレス製の味噌こし(100均で購入)を取り付けました。カバーの切り取りが少々大胆過ぎたようです。
 黄色の線の一方は不要なので切断します。黄色の線は継ぎ足して長くし、それぞれにワニ口クリップを取り付けます。
画像

 味噌こし接続部分に切り取ったカバーを戻してガムテープで固定しました。見た目は今一つです。
画像

 さっそく試してみました。ボール紙に水溶きボンドを塗って、長さの違うグラスを撒いてみました。
 日本の草原【雑草色】(KATO)。
画像

 ちゃんと起毛しているようです。
画像

 3~5mm程に刻んだフィードグラス。
画像

 5~8mm程に刻んだフィードグラス。
画像

画像

 小さなジオラマにフィールドグラス(5~8mm程)を撒いてみました。向きが揃っていませんが、一応起毛しています。研究の余地があるようです。
画像

 イオンジェネレーターを利用したグラスアプリケーターも作ってみようと思います。
おわり

"グラスアプリケーター(静電起毛器)の製作" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント