テーマ:福井鉄道

福井鉄道南越線・1981年2月・4・完

 福井鉄道南越線の4回目(完)です。訪問時の在籍車両についてご紹介します。  撮影日:1981年2月22日 ■130形電車(モハ131、132)  廃線まで使用された車両です。1962(昭和37)年に自社工場で製造された、モハ131、132の2両が在籍しました。  下の図面は、当時模型を作るつもりで、現地で実測したデータ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福井鉄道南越線・1981年2月・3

 福井鉄道南越線の3回目です。五分市駅と終点の粟田部駅の2駅についてご紹介します。  撮影日:1981年2月22日 ■北村駅~五分市駅  粟田部に向かうモハ132。北村駅~五分市駅間の距離は2.5Km あり、最も長い区間でした。  上の写真のモハ132の折り返しを、雪の中に突っ立て待ちました。下写真の、電車の右側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井鉄道南越線・1981年2月・2

 福井鉄道南越線の2回目です。村国から北村までの3駅についてご紹介します。  撮影日:1981年2月22日 ■村国(むらくに)駅  かつては相対式ホーム2面2線を有する駅でしたが、晩年は交換設備が撤去され、駅舎側のホームのみを使用していました。  駅舎と反対側のホームの待合室は、車体更新で不要となった80形電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井鉄道南越線・1981年2月・1

 1981(昭和56)年2月、廃線間近の福井鉄道南越線を訪ねました。全線10Kmに満たない、小ぢんまりとした地方私鉄路線でした。1960年代を彷彿とさせる情景が、残っていました。 【福井鉄道南越線】 ・区間 社武生駅~粟田部駅 8.7 km (福井県)  ※粟田部駅~戸ノ口駅 5.6 kmは1971年廃止 ・軌間 1067m…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more