テーマ:Oナロー

尾小屋鉄道キハ2(Oナロー)の製作<その1>

 尾小屋鉄道のキハ2を作ります。スケール・ゲージは1/48・16.5mmです。これまでに製作した尾小屋鉄道キハ1、キハ3同様、車体はペーパー製、動力にはKATOのEF510モータ付動力台車FD7を利用します。  まず資料集め。竣工図は日本民営鉄道車両形式図集〔上編〕(鉄道図書刊行会)、尾鉄よ永遠なれ(花井正弘/草原社)、RM LI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TMSレイアウト・コンペで佳作をいただきました

 2019 TMSレイアウト・コンペで、ミニレイアウト「或る専用線」(Oナロー 16.5mm 2017年製作)が、佳作をいただきました。励みになります。ありがとうございます。  このレイアウトの製作記事は以下のURLをご参照ください。  https://sakurayamalr.at.webry.info/201708/ar…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雑誌掲載のご報告、など

 久しぶりに、鉄道模型の月刊3誌がそろいました。『RM MODELS』と『とれいん』には作品が掲載されたので、献本をいただきました。 『RM MODELS』 2019年6月号(No.286)  宮下洋一さんの連載『昭和模型工作室』にて、第14回軽便鉄道模型祭で展示したOナロー(1:48/16.5mm)のモジュール『水無月の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋鉄道模型芸術祭に出展します

 3月23日(土)~24日(日)に池袋の東京芸術劇場で開催される池袋鉄道模型芸術祭に出展します。製作中のパイクは、何とか間に合いそうです。  春分の日に完成させる予定だったのですが、若干積み残しがあります。  金曜日の晩、帰宅後に仕上げを行い、ギリギリ間に合いそうです。  前にも書きましたが、今回は廃れた雰囲気を封印す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間に合うか?円形パイク

 3月23日(土)~24日(日)に池袋の東京芸術劇場で開催される池袋鉄道模型芸術祭に向け、月初からパイクを製作しています。果たして間に合うのでしょうか。  直径30cmの円形パイクシリーズ、3作目です。  今回は、いつものような廃れたイメージを排除して、綺麗に仕上げるつもりだったのですが・・・  結局、いつも通りに・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ONMC新年の会合・2019年1月

 所属する鉄道模型サークル、ONMC(Oナローモジュール倶楽部)の新年の会合が、某日某所で開催されました。  今回私は、冬モジュール(直線)と春モジュール(コーナー)を持参しました。車両は動力車両2両がメンテナンス中のため、持ち込みなしです。  昨年の軽便祭で展示された、NOGIさんの新作モジュール。軽便祭では時間がなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュール「水無月の頃」製作メモ

 2018年9月の第14回軽便鉄道模型祭にて展示した、Oナローモジュール「水無月の頃」(1/48.16.5mm)についての、ごく簡単な製作メモです。  新グループIMAGEにて展示した作品です。詳しい製作記はいずれご紹介する予定ですが、軽便祭の会場でご質問の多かった点について、簡単に記しておきます。今回の作品は、梅雨時の朝の停留所…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ONMC春の会合

 所属する鉄道模型サークル、ONMC(Oナローモジュール倶楽部)の会合が、某日某所で開催されました。  今回私は、夏モジュール(直線)と春モジュール(コーナー)を持参しました。車両は藤枝方面に出張中なので、持ち込みはありません。  季節柄、春モジュールで皆さんにお花見を楽しんでいただきました。  T氏が持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸いパイクの製作・下

 遺跡パイク(仮称)が完成しました。  引き続き植生の工作を行いますが、その前に一部修正。上部トンネルの奥、反対側の開口部はシルエットで表現していたのですが、鏡を仕込んでみました。なかなか効果的です。100円ショップセリアで購入した長方形の手鏡を使用しました。  植物の工作に戻ります。鏡以外にも、セリアでいろいろと調達しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑誌掲載のご報告

 3月20日発売のRM MODELS 273号(2018年5月号)に、昨年の軽便鉄道模型祭で展示したOナロー(1:48/16.5mm)のモジュール「花曇りの風景」が掲載されます。  265号(2017年9月号)に引き続き、宮下 洋一さんの連載「昭和模型工作室」の記事として掲載していただきました。  写真は今回も、青柳 明さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸いパイクの製作・中

 のんびりと工作を進めていますが、この調子なら池袋鉄道模型芸術祭に間に合いそうです。  石垣部分にまぶした砂が乾燥したので、次は植物。季節設定は夏として、草生した雰囲気にします。  石垣の目地に水溶きボンドを流し込みながら、パウダーをふりかけて行きます。  崩れた積み石をスチレンボードで作ってばらまき、周囲にパウダーを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸いパイクの製作・上

 昨年の夏に引き続き、丸いパイクを作ります。完成が間に合えば、3月24日(土)~25日(日)開催の池袋鉄道模型芸術祭で展示するつもりです。  今回のパイクは、沖縄のグスクの遺跡をモチーフにした空想の専用線です。  前作と同様、ベースは直径30cmの円形に切り抜いた厚さ3mmのベニヤ板。枕木を直接接着し、#70のレールをスパイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ONMC新年の会合

 先日ONMC(Oナローモジュール倶楽部)の会合が開催されました。  今回は、夏モジュールと尾小屋のキハ1とキハ3などを持参しました。  アルモデルの人形も持参。待合室の二人の間の微妙な距離。  はまとんさんの九十九里の客車。レーザー加工によるペーパー製。  OZUさんのチョロQなどを改造した車両達。超重厚な走り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アルモデル 人形セットA(Oスケール)

 先日購入したアルモデルの人形セットA【未塗装】を塗装しました。  この製品はホワイトメタル製で、座る男子学生、座る女子学生、腕組みの駅員の3体セットです。原型製作はONMCでお世話になっているNOGIさんです。  アクリルガッシュで塗ってみました。座る男子学生は、なんとも言えない情けないような面白い表情になってしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラム缶焼却炉の模型(1/48)製作

 100均で購入したLEDライトで遊んでみました。  こんな商品です。  キャンドル風にオレンジ色のライトが揺らめきます。  これからの季節にぴったりの癒し系グッズですが、容赦なく分解します。マイナスドライバーを裏蓋の隙間に差し込んでこじ開けました。LEDキャンドルライトはショップによっていろいろと種類があるようですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/48人形の製作・女学生(冬服)<下>

 桜山軽便鉄道沿線の住人が、一人増えました。桜山高校1年生のカナコさんです。  持ち物の学生カバンを、プラ板で作りました。 ついでに、4個作りました。  前作ノリコさんのカバンが、軽便祭に間に合わせるための仮のものだったので交換しました。  さて、カナコさんに戻ります。  前回書いた通り、手はタミヤのドイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュール製作メモ

 先日の第13回 軽便鉄道模型祭に出展した新作Oナローモジュールについて、会場でいただいた質問をもとにまとめた簡単なFAQを、アップします。 Q1.桜の木の製作方法は? A1.今回一番多くいただいた質問です。幹や枝の部分と、花の部分のいずれも製作方法について質問をいただきました。手順を簡単に解説します。詳細はこの辺→Oナローモジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1/48人形の製作・女学生(冬服)<上>

 軽便祭に間に合わなかった、春モジュールの住人たちの製作に着手しました。まず、ひとりだけ間に合ったノリコさんの友達、カナコさんです。  頭と胴体は別々にひな形を作り、おゆまるとパテで複製したものです。ただし、ひな形は大き目に作ってあるので、お腹のあたりで切り詰めて身長を低くしています。ノリコさんの目が点になっていますが、表情を修正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-16・完

 最後にいくつか地味な工作が残りました。今年も、祭の前夜ギリギリまで工作を続けました。  水門に量水板を取り付けました。プラ板に極細のガンダムマーカーで目盛を描いて貼り付けたものです。  水門脇の石垣にシダを植え付けました。紙創りA-9シダ類を使用。  タンポポを道端に植えました。紙創りA-1-48ヒマワリ1/48に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-15

 軽便鉄道模型祭1週間前の状況です。製作途中の写真を撮る余裕が、ほとんどありませんでした。まあ、状況はお察しください・・・・・・。  資材置き場をもうひとつ作りました。前作のコピーです。  トタン屋根の錆の塗装は、ガイアエナメルの赤サビを使ってみました。いい感じです。  こんな感じに仕上げました。もう一方はほとんど中が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-14

 3連休の最終日(9/18)の状況。水門が完成しました。資材置き場の仕上げを後回しにして、道路の仕上げを先に進めました。  祝日の朝は、気持ちのいい台風一過の晴天。海岸方面にぶらぶらと出掛けました。富士山を眺めながら、優雅に散歩を楽しもう、というわけではなく・・・・・・。  海岸の近くに、こんな岩のかけら(砂岩)を拾いに行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-13

 3連休2日目(9/17)の状況。ボートが完成し、水門と資材置き場は完成せず、製作中。溜池の水面の処理をしました。  ボートの底まで板の貼り付けが完了。  ディテールを若干追加し、独自調色の汎用薄墨色で塗装します。なんでもかんでもこの色で塗ってしまいます。  ウエザリングして溜池の岸辺に接着。ロープはフラワー用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-12

 3連休1日目(9/16)の状況。水門、ボート、資材置き場などを製作中です。  水門の扉は、シウマイ弁当蓋の薄板(以下シウマイ板)とプラ板で製作。スピンドルは0.8mm径の真鍮線。キャットウォークは、建築模型用のペーパー製フェンスと真鍮の帯板。キャットウォークは開閉装置と同じくストーングリーンで塗装しました。  設置場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-11

 農具小屋がひとまず完成したので、水門の製作に着手しました。  小屋は、屋根の塗装を若干修正し、ホーロー看板を付けてみました。これは、はまとんさんからのいただきものです。まだ仮止めです。  裏側には竹ひごやヒノキの角材による資材を置きました。小屋の周囲には、主に既製品を利用した小物をゴチャゴチャとを並べるつもりですが、とりあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-10

 そよ風がここちよい、爽やかな陽気の一日でした。絶好の工作日和です。農具小屋の製作が、完成直前まで進みました。  菜の花の量産が粛々と進んでいます。平日の夜に少しずつ作っておいたものを、まとめて塗装しました。  続いて、農具小屋の工作。いつも通り、ヒノキの角材で骨組みを作ります。  野地板は崎陽軒シウマイ弁当の蓋の薄板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-9

 畑の農具小屋の製作はデザイン変更のため、一時中断。先に、畑の作物、雑草の茂みなどの工作を進めました。  畑の作物は一応完了。このペアーハンズのわんこの名前は「はな」というそうですが、こちらでは「ぺス」と名付けました。余談ですが、犬の名前というと、なぜか「ペス」が一番に思い浮かぶのです。  なかなかそれらしくできなかった菜の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナローモジュールの製作3-8

 1か月ほど製作が中断してしまいました。夏のイベントJAMも終了したので、軽便鉄道模型祭に向けモジュールの工作にラストスパートをかけましょう。  などと思いつつ、昨日は横須賀に映画(打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?)など見に出かけてしまったためほとんど何もできず、本日ようやく工作再開です。  まず、菜の花を試作しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな列車

 三連休の最終日は、のんびりと軽い工作を・・・。小さなレイアウトができたので、それに似合いそうな小さな列車を仕立てました。  このレイアウトに入線可能な動力車は、今のところ海軍カトーしかありません。カトーに牽かせる車両は、以前作った手動クレーン車のフラットカーを利用して、積荷を海軍ぽいものに載せ換えます。運んでいるのは、戦闘機の増…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

円形パイクの製作・完成

 気まぐれに作り始めた円形パイクが完成しました。  雑草や落ち葉の工作が主な作業でしたが、荷揚げ台の天井クレーン(チェーンブロック)を作りました。プラ板と超極細チェーン(フラッグシップ製)でそれらしくでっち上げました。  黄橙色で塗って荷揚げ台の天井に取り付けました。  最終的な仕上げに取り掛かります。まず、褐色と濃緑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円形パイクの製作1

 気まぐれに始めたパイクの製作ですが、軽快に工作が進んでいます。いつもこうだといいのですが・・・。ここまでの製作状況を記録しておきます。  明確なプランもなく思い付きで始めたのですが、線路に交わる起伏のあるS字の道路と、その傍らに立つご神木として祀られている老木のイメージだけが頭にありました。  ベースは、直径30cmに切り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more