よもやま話(2019年11月のあれこれ)

 平凡なサラリーマンの平凡な日常。仕事と模型、アニメの日々。  今月は、いろいろと面倒な手続きがいくつか重なり、申し込み書類の作成とか、電話でのやり取りが多くて、何だか非常に疲れました。 ○模型関連  猫屋線の新製品を購入しました。今回は2種類のかわいらしい単端です。  茶色塗装のジ1。  ト4、ワフ1。ジ1と…
コメント:0

続きを読むread more

木曽酒井モーターカー(Oナロー・アルモデル)の製作<上>

 アルモデルの木曽酒井モーターカー(1/48・16.5mm)のキットを製作します。尾小屋鉄道キハ2の工作が少々行き詰まっているので、気分転換に・・・。  車体はホワイトメタル一体成型で、モーターや走行装置、レーザーカットされた透明アクリル板の窓ガラスなど、必要なパーツが一通り揃ったキットです。  下回り、動力部分の工作は、床…
コメント:0

続きを読むread more

よもやま話(2019年10月のあれこれ)

 平凡なサラリーマンの平凡な日常。仕事と模型、アニメの日々。  1か月間のリフレッシュ休暇も終了し、通常運転に戻りました。例年だと10月の下旬頃から、年末、年度末に向け、仕事がじわじわと忙しくなり始めるのですが、今年はその兆候がみられません。何となく不吉な予感がするような、しないような。 〇イベント  軽便鉄道模型祭の翌々…
コメント:0

続きを読むread more

4泊5日 鉄道の旅(10・完)軍艦島クルーズ・後編

 軍艦島クルーズのつづきです。 ■4日目(10月4日)つづき  島から離れて軍艦(戦艦土佐)のようなシルエットを眺めた後、再び島の南端部分に接近します。  余談ですが、戦艦土佐は、ワシントン海軍軍縮条約の戦艦保有数制限により建造が中断され、未完成のまま海軍に引き渡されました。海軍では、標的として実験に使用された後、高知県沖…
コメント:0

続きを読むread more

4泊5日 鉄道の旅(9)軍艦島クルーズ・前編

 4日目(10月4日)の夕方に、長崎電気軌道探訪を終えたところまで旅行記が進みましたが、午前中に戻って、軍艦島クルーズの様子を紹介します。  軍艦島上陸コースを予約したのですが、旅行の前週に通過した台風17号の影響により、島の見学施設が破損し、上陸禁止となってしまいました。そんな事情で、残念ながら、上陸のない周遊クルーズに変更とな…
コメント:0

続きを読むread more

4泊5日 鉄道の旅(8)長崎電気軌道

 10月3日~4日に、市内を散策しながら見かけた長崎電気軌道の車両を、旧型車両を中心に、羅列します。在籍車両は、昭和20年代~40年代に製造されたものが、今も大半を占めています(各写真のキャプション参照)。 ■3日目(10月3日)  長崎到着初日、原爆資料館観覧からホテルチェックインまでの、移動時に見かけた車両から。  3…
コメント:0

続きを読むread more

4泊5日 鉄道の旅(7)広島・長崎

 広電探訪を終えたところまで旅行記が進みましたが、一旦、3日目(10月3日)の朝に戻り、広電以外の出来事を振り返ります。この日は、午前中は広島で過ごし、午後は長崎へ移動しました。この日も、季節外れの蒸し暑さが身体にこたえる一日でした。 ■3日目(10月3日)  朝の、ホテルの部屋からの眺め。平和記念公園が見渡せます。夜中に雨が降…
コメント:0

続きを読むread more

4泊5日 鉄道の旅(6)広島電鉄軌道線・後編

■3日目(10月3日)つづき  1150形 1156 3号線 広島港(宇品)行き 小網町  25分程前に十日市町で見た神戸市電1156が、戻ってきました。  3950形 3954 2号線 広島駅行き 小網町~天満町 広電天満橋  3700形 3702 2号線 宮島口行き 小網町  1000形グリーンムーバーLEX …
コメント:0

続きを読むread more

4泊5日 鉄道の旅(5)広島電鉄軌道線・前編

 10月2日~3日に、市内を散策しながら見かけた広電の車両を、旧型車両を中心に、羅列します。 ■2日目(10月2日)つづき  広島駅には14時過ぎに到着しました。広島を訪れるのは、2014年11月以来のことです。  この日も非常に蒸し暑く、屋外での行動はどうも気が進みません。雨も降り出しそうな空模様だったので、市内電車に乗…
コメント:0

続きを読むread more

4泊5日 鉄道の旅(4)太陽の塔内部観覧

 2日目のメインイベントは、太陽の塔の内部観覧です。  1970年の大阪万博に、当時小学3年生だった私は夢中になりました。万博少年だったのです。  家族や親戚と会場を訪れる機会にも恵まれましたが、今でも強く印象に残っているのが、この太陽の塔内部の生命の樹です。この展示だけは、2018年の内部再生・公開以前から、もう一度見たいと思って…
コメント:0

続きを読むread more