森林鉄道風パイクの製作・2

 ストラクチャーやシーナリィの工作を続けます。

■ コンクリート橋の製作
 橋脚は、ボール紙とスタイロフォームで作りました。ボール紙を3面の形状に切り抜き組み合わせたものを骨組みとして、四隅にスタイロフォームのブロックを接着し、カッターやサンドペーパで整形します。
b_200507aa.jpg
 周囲にケント紙を巻き付け、表面を整えます。上部のくびれた部分の表面は、石粉粘土をパテ代わりに薄く塗布して、整えました。基部は、地形に合わせて不要部分を切り取ります。当初、ベニヤの支柱を芯に入れるつもりでしたが、なくても十分強度があるので、省略しました。
b_200507a.jpg
 桁はベニヤとヒノキの角材を組み合わせ、表面にボール紙を貼り付けました。
b_200507b.jpg
 裏側。
b_200507c.jpg
 塗装は、タミヤの「テクスチャーペイント 路面ダークグレイ」を下地として塗り、アクリルガッシュでいくつかの明るい色を薄く塗り重ねたものです。先述の岩肌の塗装と同様です。
b_200507d.jpg
 白、明灰色、薄茶色、苔色などを重ねています。
b_200507e.jpg
 レジン流し込みの邪魔になるので、桁はとりあえず置いてあるだけ。
b_200507f.jpg
■ 樹木の製作
 樹木の幹はと枝は、オーソドックスにフラワー用ワイヤーをよじって作ります。すべて広葉樹です。
b_200507g.jpg
 枝の先端に、オランダフラワーの穂先を接着します。
b_200507h.jpg
 全体を暗褐色で塗装した後、オランダフラワーの部分を緑色で塗装しておきます。
b_200507i.jpg
 葉っぱの材料は、食材の「バジル」です。市販のパウダーでは、Oスケールには粒が細かいような気がするので、これをよく使います。
b_200507j.jpg
 ラッカーと一緒にジッパー付きポリ袋に入れ、シャカシャカします。
b_200507k.jpg
 よく乾燥させます。写真では濃く見えますが、新緑を意識して明るめに調色しました。
b_200507l.jpg
 オランダフラワーの部分に水溶きボンドを塗布し、バジルの葉っぱを接着します。さらに、部分的に、市販の明るい黄緑色のパウダーをふりかけたり、黄色などの明るい色を吹き付けたりして、メリハリを付けます。仕上げに、葉っぱの艶を出し、しっかり固着させるため、クリアーをたっぷりと吹き付けました。
b_200507m.jpg
 全体のバランスを見ながら、大まかに樹木の配置を決め、仮止めしました。レジンの流し込みが完了してから固定します。
b_200507n.jpg
■ 水の表現
 沢の水は、KATOウォーターシステムシリーズの「ディープウォーター クリアー」(レジン)を流し込みました。専用の着色剤「波音カラー」のターコイズをほんの少し加えて、着色してあります。
b_200507o.jpg
 水面のさざ波は、同シリーズの「さざ波」で表現しました。レジン硬化後に、表面に塗布してヘラなどで成形します。
b_200507p.jpg
 滝つぼの白波は、モーリンの水泡表現素材(粉雪用スノーパウダーでも可)を「大波小波」に混ぜたもので表現しました。
b_200507q.jpg
 水に浸かっている朽木は、樹木の製作で穂先を切り取ったオランダフラワーの、残りの茎。捨てずに利用しましょう。
b_200507r.jpg
 瀑布の岩に当たり白く泡立った部分なども、滝つぼの白波と同じ方法で表現しています。ウォーターシステムシリーズには、白波用の「白波カラー」(修正液みたいなドロッとした液体)がありますが、艶と透明感がなく、実感が今一つ(個人的感想)なので、今回は補助的な使用にとどめました。
b_200507s.jpg
b_200507t.jpg
 主なストラクチャーやシーナリィの製作は以上です。シーナリィの製作では、特に色合いに気をつかいます。以下は完成後、自然光で撮影したものですが、植物の緑色や水底、地面の色合いなどは、製作中もなるべく自然光で確認しつつ、不自然にならないよう注意しています。
b_200507u.jpg
 次回は、仕上げの工程です。いよいよ完成します。
つづく

この記事へのコメント